FC2ブログ

舐め犬のご褒美@福岡

福岡の舐め犬、しめじの奉仕活動の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学生のマリナさん③

お待たせしました。前回の続きです。

マリナさんがバックから取り出してテーブルに置いたのはビニール袋に
入ったボールペン・・のようなもの?? いや、ボールペンより少し
大きく、乳白色で注射器のような構造物。。。

謎の物体を不思議そうな目で見つめるしめじの怪訝な表情に答えるかのように

「携帯用のビデなんです。友達にもらったの」
「マリナさん、ビデって?」

恥ずかしながら、しめじ、この歳までビデを知りませんでした。
マリナさんも同様に、友達に教えてもらうまでは知らなかったようです。

<携帯用ビデ>

膣洗浄器(ちつせんじょうき)は、腟腔に溶液(精製水)を直接流入し
て膣内を洗浄する医療機器である。一般に家庭で用いられるものとして、
「携帯ビデ」「携帯用ビデ」「使い捨てビデ」「使いきりビデ」などと
称されて市販されているものがある。
便所等の個室内に据え付けられた機器(ビデ)は外性器を洗浄するための
ものであり、用途が異なる~Wikipediaより~

「生理の終わりごろとか中が濡れてて気持ち悪い時に使うんだって」
「へーそうなんだ・・どうやって使うんだろう?」
「・・・・・」

まじまじとしめじの顔をのぞきこむように様子をうかがうマリナさん。

「ん?どうしたの?マリナさん」
「そんな捨てられた子犬のような目をされちゃったらねー(笑)
 いいですよ。やってみたいんでしょ」
「ほんと!?」

思わず嬉しそうな声を出してしまいました。マリナさんいわく、
しめじの目が「ビデを使ってみたい」と訴えかけていたそうです(;^_^A
舐め犬が、飼い主さんに気を遣わせちゃダメですね。反省。

かくして、生まれて初めてビデの挿入プレイ(になるのかな?)をやることに。

帰り支度を始めていたマリナさんに再びすっぽんぽんになってもらい
M字開脚のポーズで足を開いてもらいました。

「うわー楽しみだな~」
「痛くないように、優しくね」

洗浄液が噴出するビデの先端のキャップを外して、膣口にぶすり挿し込み
注射する時の要領で液を流し込むだけ。。。

「じゃあ、ゆっくり入れていくよ」
「はい・・」

ビデの先端をゆっくりとマリナさんの大事なところへ沈ませていきます。
しかし、さっきのクンニから時間がたっていることもありなかなか入らず。
エッチ汁が乾いてしまったせいですんなり挿入できません。

「うううぅ・・う・・」

獣のうなり声ような低い嗚咽を漏らすマリナさん。

「痛いの?」
「痛くはないけど・・異物感が強くて」
「ローションがあればいいんだけど・・今、手元にないし・・」
「・・じゃあ、もう一回濡らして・・」

マリナさんの懇願するような目がしめじの戦闘意欲に再び火をつけます。
もう一回濡らしてなんて甘えた声で囁かれたら断れません(#^.^#)
ビデプレイはいったん中止して、再び舐め犬の奉仕活動へ入りました。

何回か連続でイっもらった後、膣口はいよいよマン汁で濡れ濡れです。


「これならスムーズにビデが入りそうだね」
「うん(笑)」

ビデの先端を説明書に沿ってゆっくりと入れていきます。
今度はマリナさんも大丈夫そう。5cmほど挿し込んだ時点で、
いよいよ注入です。5・4・3・2・1・・発射。

洗浄液が勢いよくマリナさんの下の口の中で噴出され、逆流した液が
ぶしゅぶしゅぶしゅと膣口からあふれ出してきます。


「異物感はあったけど中がすっきりしました」とマリナさん。
初めてのビデ挿入を堪能したしめじも満足です。

しかし、M字開脚をしている女性のあそこに円柱状のビデが
刺さったまんまという構図はなかなか見れるものではありません。

か、感動・・(T_T)

「写真とっていい?」
「だめっ!」

さすがに写真撮影はNGでした(笑)

まりなさん、しめじのわがままを許して下さってありがとうございました。
生まれて初めてのビデの挿入プレイ、とても楽しかったです。


  1. 2014/07/05(土) 18:21:33|
  2. 奉仕活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学生のマリナさん②

4ヶ月ぶりに大学生のマリナさん(20歳)からお呼びがかかりました。

いつもはひと月に1~2回のペースでコンスタントにお会いしていたので
ずいぶん久しぶりにあったような感覚です。

「イーベイって知ってる? 今ね、それにはまってるの!」
「・・官兵衛(カンベー)なら毎週日曜日に見てるけど」

マリナさんはしめじのオヤジギャグに目もくれず、イーベイ(eBay)の
おもしろさについて熱く語り始めました。

何でも日本のヤフオクの世界版みたいなもんで、日本の伝統的な商品を
イーベイ(eBay)で売ると思わぬ高値がついていい小遣い稼ぎになるそうで、
どういう商品をチョイスするかがマリナさんの目利きの見せ所らしく
そこが一番おもしろいところであり難しいところでもあるとのことでした。

その商品を日本各地から集めるためにあちこち奔走して、舐め犬を呼ぶヒマも
なかったの、ほったらかしにしててごめんね~とケラケラ笑います。

・・しめじは外国のオークションのことはよくわかならいので、ふんふん
頷きながら適当に聞いてましたが、若い女性が何かに夢中になって身振り
手振り熱く語る姿って萌えますね~(笑)

マリナさんの熱弁が40分ほど続いた後、やっと落ち着いたように
「久しぶりだからあそこが敏感になってるの・・優しく舐めて・・」
と、舐め犬の受け入れ態勢に入りました。

待ってました!
舐め犬しめじの出番だワン!

いめーじ
(画像はイメージです)

今日はいつもと違い胸からではなく足元から攻め始めます。
しかし、マリナさんは膝から下がまだ感じるようにはなっていないらしく
指で触っただけでもくすぐったいとすぐに足を引っ込めてしまいます。

いつか足先も感じるようになって欲しいな~と期待しつつ
膝と膝の間にしめじの顔と頭をそっと滑り込ませます。

まずは右のふとももの内側にスーッとフェザータッチで舌先を這わせると

「ああぁ・・気持ちぃぃ・・」

左のふとももは膝頭の内側から軽くキスをするように足の付け根へ
流すように唇をずらしていきました。

マリナさんのデルタゾーンはすでに甘い蜜が今にも滴り落ちそうで
手招きするように妖しい光を放っています。

黒々としたジャングルに顔をうずめた後、いつものように反時計回りに
足の付け根、大陰唇、絵陰部、小陰唇とクリトリスに迫っていきました。

「あん・・あっ・・あっ・・あ」

リズミカルな舌の動きと連動して、徐々に高まっていく喘ぎ声。
さっきの熱弁のせいか少しかすれていますが、それが妙に色っぽい。

フェイントをかけるように、いったんふとももの付け根を舐めた後
狙いを定めてクリトリスを包皮ごとパクリを咥えました。

「あああぁ・・あーん」

咥えた唇で包皮を剥きながら、クリちゃんを根元から舐めあげると
我慢できないのか、両足をくねらしながら快感に浸っています。

「ああ・・イク・・イク・・イク」

おへそのあたりが大きく盛り上がったかと思うと、両足ががくがくっと
痙攣したように激しく跳ねて、イってくださいました。


それから、またオークションの話をしばらくした後、今日は疲れたから
1回でいいですということになり、帰り支度を始めたマリナさん。
身づくろいのために、あるものをバックから取り出したんですが
それのせいで、再びあそこを舐めることになりました(^^ゞ


次回へ続く。。。


前回のマリナさんの記事はこちらから→大学生のマリナさん①


※体験談中の名前(マリナさん)は仮名です。個人情報保護に配慮
  して一部実体験と異なる部分がありますのでご了承ください。



  1. 2014/07/02(水) 18:28:40|
  2. 奉仕活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糖質制限ダイエット①

閑話休題ということで、今回はクンニ以外のお話。

糖質制限ダイエット

女性なら誰しも興味があると思いますが、
最近、急速な勢いで広まっているダイエット法です。

アサヒ、キリンなどビール各社が競って糖質0を謳ったお酒を
売り出してますし、ローソンなども糖質が少ないパンやスイーツ
を販売しています。

あの、ラーメンツケ麺ボクイケメンの狩野英孝も
糖質制限ダイエットをやっているそうです。

狩野英孝


そもそも糖質とはなんでしょうか?

3大栄養素のひとつ炭水化物を構成する物質の一部で
炭水化物=糖質+食物繊維で表されます。

ご飯とかパン、麺類、根菜類(ジャガイモ・カボチャ)果物等に
多く含まれてるんですが、糖質制限ダイエットはこれらの食材の
摂取量を極力減らして、痩せようというダイエット法です。

もともとは糖尿病の食事療法のひとつだったんですが
ダイエットにも大きな効果があるということがわかり、
注目されるようになりました。

やりかたは簡単で、出来るだけ上記の食材を食べない。
ただそれだけ。それ以外の肉・野菜・乳製品・大豆関連商品は
好きなだけ腹いっぱい食べていいんです。腹八分関係なし。
ちなみに狩野英孝はロケ弁ではご飯を残し、ラーメン屋では
麺を残してスープと具材だけを食べているようです(笑)

数字的には一回の食事で糖質を20グラム以内に収める必要が
あり、イメージとしては主食を抜いておかずだけを食べるような
感じですかね。

糖質は100%吸収され、肝臓や筋肉に貯蔵されるんですが、
多くとりすぎると脂肪に変わって余分なお肉になるので
摂らなければ摂らないほど、今ある脂肪が燃焼され余分な
お肉が減っていくという原理です。

ご飯やパンが大好き!それらを食べないと力が出ない、
飯を食った気にならない・・という人以外なら継続可能な
ダイエット法だと思います。

ちなみに、私しめじ、3月中旬から糖質制限をやってまして
3ヶ月足らずで3㎏痩せました。体調はすこぶるいいです。
悩みがあるとすれば、外食しようとする時のお店選びで
こまることぐらいですかね(^^ゞ


  1. 2014/06/29(日) 03:00:22|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自営業の瑞希さん②

お待たせしました。前回の続きです。

瑞希さんと某駅で待ち合わせて、話しながら近くのラブホへ。

ラブホに入るのは今回が初めてらしく、周りをキョロキョロ
見回しながら幾分警戒されていたようでした。

部屋に入っても落ち着かないようでしばらくキョロキョロ
されてましたが、「時間がもったいないですよね」と意を決した
ようにシャワー室へ向かいました。

入れ替わりで私もシャワーを浴び、ちょこんとふたりでベッドの
端に腰かけました。

「はじめましょうか」
「はい・・」

特に要望なしのおまかせだったので、胸から奉仕活動スタートです。
タオルをそっと脱がして乳首の周りからチロチロ舐め始めました。

「あっ・・」

不意をつかれたように軽く吐息がもれます。
左の乳首が特に感じるようで、右と比べると反応が大きく違います。

両胸を軽くもみながら乳首の付け根から舐めあげるように
何度も舌でトルネードした後、、乳首は人差し指にまかせ
舌先は首から鎖骨、脇、お腹と下にスライドさせて行きました。

下着はもううっすらと湿り気を帯びているようです。
それを横目で見ながら、舌先はひざの内側へワープ。

ひざ頭の間に頭を滑り込ませるのと同時に体を後ろにたおして
もらいました。緊張されているのか両足に力が入っています。

しかし、膝の内側をベロベロ舐めると一気に緊張が緩んだのか
ふっと力が抜けたようにM字開脚の体制になりました。

09083102.jpg
(画像はイメージです)

「あ・・そこ・・」
「感じるの?」
「・・うん、キモチいい・・」

瑞希さんが強い反応を示したのは、大陰唇と足の付け根の間です。
まぶたがぴくぴく震えています。そこで下着を下ろして
「じゃあ、ここをしばらく舐めるね」
と、足の付け根から絵陰部、陰毛部と円を描くように舐めました。

それから徐々に大陰唇のビラビラ、膣口、小陰唇、尿道口と
クリトリスへの間を詰めていきます。

「あああん・・いい・・アアッ」

複式呼吸かと思わせるほど瑞希さんのお腹が上下に大きく
波を打っています。

ここが攻め時。クリトリスを包皮と一緒にぱっくり咥えて、
唇で包皮をむきつつ舌先でで瑞希さんのクリトリスを左右に
揺さぶるように一定のリズムで刺激し続けました。

恥骨越しに瑞希さんの様子をみると親指の爪を噛むようなしぐさで
快感に浸っています。

「あっ・・あっ・・あ・・いく・・」

びくん!と身体を震わせた後、ぴーんと身体が反ったような感じで
左足をしめじの背中に立てました。ぐぐっと瑞希さんのGが加わります。

「うっ」

一瞬、胸が圧迫されてしめじの呼吸が苦しくなりましたが、
イク瞬間に体重をかけてくれるほど感じてくださったのかと
思うと、変な表現ですが嬉しい苦しさですね。

しばらくそのままの体勢でお互いハァハァいいながら呼吸を整えた後

「・・ごめんなさい。興奮してしめじさんを踏んづけちゃった」
「大丈夫ですよ。今度は両足で踏んづけてください(笑)」

しばらく他愛のないおしゃべりをしてから、再び時間の許す限り
舐め奉仕させていただきました。


瑞希さんがイク瞬間のグッと来る左足の重みがクセになりそうです。
こういう圧迫というか重みは大歓迎なので、またしめじを
舐め犬として呼んだ時はおもいきり踏んづけてくださいね。

・・SとかMとか意識したことないけど、少しMっ気が
あるのかなあ(笑)




※体験談中の名前(瑞希さん)は仮名です。個人情報保護に配慮
  して一部実体験と異なる部分がありますのでご了承ください。


  1. 2014/06/24(火) 18:38:20|
  2. 奉仕活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自営業の瑞希さん①

空梅雨だった九州北部もだんだん雨の1日が多くなってきました。

今回舐め犬させていただいたのは自営業の瑞希(みずき)さん。
レディーススーツがよく似合う29歳の女性です。

自宅で仕事をすることが多く、比較的に自由に空き時間を
つくれるそうで、平日の1時からお会いすることになりました。

メールでの瑞希さんの要望をまとめると、

○同業のパートナーがいるけどクンニをあまりやってくれない

○自分からクンニをお願いするのは恥ずかしくてできない

○なので、長時間クンニをしてもらって気持ちよくなりたい

○でもパートナーのことを考えるとちょっと抵抗がある


しめじはクンニが大好きなんですが、中にはクンニが
嫌いな男性も少なからずいますね。

でも、ほとんどの男性はフェラしてもらうと気持ちがいい
わけですから、同じようにほとんどの女性もクンニして
もらうと気持ちいいはず。

普通に考えるとギヴ&テイクで気持ちのいいことをお互いに
やってあげるのが一番なんですが、嫌いなことは強制できず(´ヘ`;)

したがって、クンニが嫌いな(もしくは興味がない)パートナーの
男性にクンニは期待できません。

そこで登場するのがわれわれ舐め犬。
「ギヴ&テイク」のテイクの部分をデリバリーすればいいわけです。

パートナーの男性に罪悪感を感じる必要はありません。
あそこやクリトリスを刺激する道具のひとつと考えてもらえれば
基本的にひとりエッチでローターを使うか舐め犬を使うか
たいした違いはないわけです。

電気的な刺激で気持ちよくなるか舌触りの刺激で気持ちよく
なるか、その違いだけとも言えますね。

そのことを瑞希さんにお話すると納得してしめじを
舐め犬として呼んでいただけることになりました。

何度かメール交換した後、いよいよ瑞希さんと初対面・・なんですが

続きは次回にてm(__)m



※体験談中の名前(瑞希さん)は仮名です。個人情報保護に配慮
  して一部実体験と異なる部分がありますのでご了承ください。
  1. 2014/06/20(金) 15:57:13|
  2. 奉仕活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

srcurea19

Author:srcurea19
名前 しめじ♂
年齢 40代前半
身長 185cm
体重 65㎏
職業 介護関係
性格 真面目で温厚・忠実
タバコ 吸いません
生息地 福岡


九州は福岡県とその近県で細々と舐め犬活動をさせていただいているしめじです。
普段はお年寄りに接する仕事をしていますが、自然や花が好きなので休みの日は景観がきれいな場所や旬の花が美しい所をドライブしたり散策したりしています。
でも、クンニがそれ以上に好きなので舐め犬のご要望があれば飼い主さまのところに駆けつけ舐め奉仕させていただいております。


質問や疑問・ご要望がありましたら気軽にメールしてくださいね。

※ラインのID検索が出来ませんでした(>_<) 連絡待ってます!    メール  srcurea19@ybb.ne.jp
Twitter  @Srcurea19Toppo

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
奉仕活動 (7)
ひとりごと (6)
はじめに (1)
相互リンク (0)
クンニ動画 (1)

足跡

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンクフリーです

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。